食べておいしい作って楽しい知育菓子

最近のお菓子はいろいろな種類があってとても楽しいのですが、中でも知育菓子には毎回驚かされます。
知育菓子というのはただ食べるのではなく、食べる前に何らかの作業があります。
例えば「ねるねるねるね」粉と水を合わせて練って、ラムネやパチパチキャンディを付けて出来上がりという簡単だけど、自分で作った感が味わえます。
実際作ってみて楽しかったのは「ラーメン屋さん」「お寿司やさん」です。
子供向けの菓子なのですが、意外と細かい作業が有るので大人が手伝ってるうちに楽しくなってハマってしまうのです。
見た目もそっくりで少し小ぶりな出来映えが何とも可愛らしく、まるでミニチュアのおもちゃで遊んでいる感覚になります。
子供と一緒に作成過程を楽しみながら、想像力を育んで遊べ、最後に美味しく食べられる。
大人も子供もそれぞれに楽しみ方があって、料理させるのはまだ無理な小さな子でも一緒にお料理ごっこが気軽に楽しめる。
親も準備や後片付けに煩わされず、会話も弾む知育菓子はこれからもっともっと進化していくと期待しています。